医師求人サイトランキング【※医師求人探しなら必読のサイト!】

医師求人サイトランキングTOP >> 診療科目別で医師求人を探す >> 泌尿器科の医師求人

泌尿器科の医師求人

■泌尿器科医の求人動向は?

泌尿器科の需要は近年非常に高まっています。高齢化の進行により前立腺がんや腎臓がんなどの罹患率が上昇し、早期診断と治療が求められています。高齢者の排尿、失禁の問題なども増えています。

また、女性は妊娠や出産、加齢などによる排尿トラブルが比較的若いうちから起こりやすいのですが、男性医師では受診しづらく、症状が進行してしまうことも問題になっています。そのため、女性の泌尿器科医師を求めるケースも増えつつあります。

泌尿器科の募集は、透析管理までできれば施設を問わず多くの募集があります。さらにオペ経験が豊富であれば、好待遇の案件も期待できます。しかし、純粋な「泌尿器科」診療を行う施設は少なく、がん治療や化学療法などまで行える大規模病院がほとんどです。勤務地などの諸条件のミスマッチを防ぐため、転職の際はエージェントから応募先の情報をしっかりと集め、譲れない条件のすり合わせをしておきましょう。経験が少ない医師が転科を希望する場合などは、かなり狭き門となるかもしれません。

■泌尿器科医−手術中心のケース−

泌尿器科医師の募集内容は、主に手術がメインの場合と透析管理の2つに分類されます。
手術を主とする募集は、急性期医療が中心の総合病院や専門病院などの施設が多くなります。シャント手術やTUR-Btなどのオペ経験があればより重宝され、年収アップも容易です。

しかし、大規模病院の常勤透析医師求人はそこまで多くはありません。大学病院などでは、非常勤医の派遣などで診療体制が出来上がっているケースが多いからです。専門医を取得しており、症例実績や症例数が豊富な医師ならば、転職エージェントから医療施設に推薦することも可能なので、一度コンサルタントに相談してみるのがよいでしょう。

■泌尿器科医−透析管理中心のケース−

透析管理をメインとする求人はかなり多く、透析設備をそなえた総合病院や専門病院、透析クリニックなど多種多様な施設での募集があります。特に透析センターなどは非常に人気があり、募集がかかるとすぐに応募者で埋まります。スピーディーな対応が求められるので、エージェントを利用するのが効率的です。

しかし透析管理を行う場合は、休日が不規則、夜間のオンコールがあるなど、ワークライフバランスが保てないケースも多くあります。また、大病院のサテライトクリニックでの勤務を提示されることもあるので、自分の希望とズレがないか、事前に詳細をしっかり確認しておきましょう。臨床工学士や看護補助など、透析にかかわるスタッフの人数や医療設備などの状況も調査しておくと安心です。

「専門領域を極めたい」という医師にとっては、透析中心の募集は除外してしまうかもしれません。しかし最近は、透析管理も行うという条件付で泌尿器科診療科を新設するケースも増えているようですので、希望があればコンサルタントに伝えて、施設に打診してもらいましょう。

>>トップページで医師求人サイトランキングの詳細を見る


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 医師求人サイトランキング【※医師求人探しなら必読のサイト!】 All Rights Reserved.