医師求人サイトランキング【※医師求人探しなら必読のサイト!】

医師求人サイトランキングTOP >> 診療科目別で医師求人を探す >> 一般外科の医師求人

一般外科の医師求人

■一般外科医の現状は?

一般外科医師は、外科系のなかでもっとも現員医師数が多い診療科です。次に整形外科、脳神経外科と続きます。仕事内容は、医療施設の種類や規模によって異なりますが、基本的には回診、手術、外来を繰り返すのが一般的です。施設によっては、外来の初期診療を完全に任せられ、多くの手術を経験できることもあります。一方、小規模の病院では、かかりつけ医としての役割が強い場合もあり、症例数を積めない、医療設備が充実していない、などのデメリットを感じる医師もいます。

■病院勤務の一般内科不足が顕著

近年、一般外科医師の不足が大変深刻な問題となっています。医師不足と聞くと、産婦人科や小児科、救急科などをイメージしがちですが、一般外科医師の不足は、産婦人科と同様に社会問題になるほどの状況に陥っています。日本外科学会の調査では、1994年から2006年までの12年間で、全実働医師は20%弱増加しました。しかし、一般外科医師は約11%減少していたのです。特に中堅どころの30代〜40代の離職率が高く、総実動医師の減少は0.7%ほどであったのに対して、一般外科医師はおよそ22%も減少していました。特に、診療所ではなく病院勤務の一般内科医の減少が大変顕著なのも特徴のひとつです。一般外科医師減少の理由について行ったアンケートをみると、長時間労働や時間外労働などの過酷な労働環境、医療事故のリスク、労働に見合わない低収入、などが挙げられています。

一般外科で診療する症状は大変広範囲にわたります。また、通常の手術に加えて、怪我や虫垂炎など緊急手術の機会も多いのです。特に最新医療を提供する総合病院では、1つの手術時間が長くなるぶん、医師への負担も増えてしまいます。人員不足のなかで手術をこなすので、当直後ふつうに勤務、手術を行い、「手術のクオリティが低下した」と感じている医師が多いことも、アンケート結果からわかっています。労働環境が過酷なため、一度離職した女性医師が復職困難な状況であることも、医師不足の一因といえるでしょう。

これまでの外科医のキャリアの傾向は、中堅どころまで一般外科医師として勤めたのち、特定の専門医になるケースが一般的でした。しかし近年は、ある程度のキャリアを積んで開業するパターンが増えているようです。

■一般外科医の転職事情は?

一見すると内科に比べて求人数は少ないものの、深刻な外科医不足と、環境改善のために転職を希望するドクターが多いことから、全国各地で求人がかかっています。

労働環境や収入面を考えると、一般外科医師としての転職に躊躇してしまう方もいるかもしれません。しかし、将来的に外科専門医の資格取得を見越して、極力早めに多くの症例をこなしておくという選択肢もあります。若手の医師が今後のためにチャレンジするには、非常に勉強になる環境といえます。また、外科医不足解消のために、特定の病院に手術を集約する、開業医に助手として手術のサポートに入ってもらう、などの施策で現員医師の負担軽減を進めている施設も増えています。人員が充足した医療施設であれば激務に追われることもありませんし、女性が無理のない範囲で働けるように考慮する医療施設も徐々に増えています。

とはいえ、勤務形態や労働環境を自分で見極めるのは難しいですし、これまでのキャリアを考慮した収入を得たいならば、医師専門の転職支援サービスを利用して、情報収集や条件交渉を任せるのが有効な手段です。まずは、自分のこれまでの実績とキャリアを整理し、今後目指す方向性を明確にしておくことが、一般外科医の転職の第一歩といえるでしょう。

>>トップページで医師求人サイトランキングの詳細を見る


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 医師求人サイトランキング【※医師求人探しなら必読のサイト!】 All Rights Reserved.