医師求人サイトランキング【※医師求人探しなら必読のサイト!】

医師求人サイトランキングTOP >> 診療科目別で医師求人を探す >> 精神科の医師求人

精神科の医師求人

■精神科医の現状は?

ストレス社会といわれる現在、精神科や心療内科を受診する患者は年々増えており、それに比例して精神科医のニーズも高まっています。地域を問わず求人は多く、入院病棟がある精神科病院、総合病院内の精神科、外来のみの心療内科やメンタルクリニックなど規模や施設の種類も様々です。メンタルヘルスケアのために企業が産業医を募集するケースなども増えています。

精神科医の需要は多いのですが、施設によって業務内容が大きく異なります。クリニックは主に外来中で、軽度のうつ症状を訴える患者でも通院しやすいことから受診者数が増え、新規開業も増えています。入院施設を備えた精神科病院では、医師と看護師、臨床心理士、作業療法士などによるチーム医療が重要になります。また、作業療法やデイケアなど、多岐にわたる治療に携わることが可能です。総合病院の精神科では、内科や外科など他科で入院中の患者の心理的ケアを行うケースもあります。

施設によっては、内科領域の対応が必要であったり、小児精神医学や児童思春期精神医学、産業精神医学、犯罪精神医学、司法精神医学など専門分野のスキルが求められる場合もあります。また、高齢化にともない急増している認知症患者への対応も課題となっています。

■精神科医の転職動向と注意点

都心部にある外来対応のみのクリニックは非常に人気が高く、精神保健指定医の有無を問わない場合は、いっそう競争率が激しくなります。スピーディーな対応が勝負になりかねませんので、転職エージェントのサポートを積極的に活用しましょう。

以前は、認定医の資格をもたない精神科医や、他科からの転科希望者でも比較的転職しやすい診療科でしたが、最近は認定医のニーズが高まっており、資格取得者が有利な傾向がみられます。しかし、精神保健指定医の取得が可能な施設も多い、他の診療科よりも資格取得は比較的容易です。認定医希望者は、応募先が資格取得プログラムを導入しているかを事前に調査しておきましょう。

精神科のイメージとして、給与水準が比較的高く、手術に携わることがない、患者の生死に携わる頻度が少ない、などが浮かぶかもしれません。しかし、非認定医は想定以下の給与を提示をされるケースも多々あります。また、身体症状と精神疾患の合併症患者の救急搬送対応が課題となっている地域もあり、救急対応施設での勤務では高度なスキルが求められます。当直が必須の精神科病院も多くありますし、入院患者数の増加と入院期間の長さも課題になっています。入院中に命を絶つ患者も少なくありません。

求人数は多いため、転職先の候補を探すのは容易かもしれませんが、安易な転職はミスマッチを招きます。自身の目指す方向性と希望を明確にしたうえで転職先を探すことが重要となるでしょう。

>>トップページで医師求人サイトランキングの詳細を見る


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 医師求人サイトランキング【※医師求人探しなら必読のサイト!】 All Rights Reserved.