医師求人サイトランキング【※医師求人探しなら必読のサイト!】

医師求人サイトランキングTOP >> 診療科目別で医師求人を探す >> 小児科の医師求人

小児科の医師求人

■深刻な小児科医不足

小児科は、労働環境がもっとも過酷な診療科のひとつであるといえます。全体的に医師不足が叫ばれているなかで、小児科医も例外ではありません。首都圏だけではなく、地方都市から僻地まで、地域を問わず全国各地で常に求人がかかっています。特に、救急対応や新生児医療を行っている総合病院や、小児病床がある施設などでのニーズは非常に高まっています。そのような施設では、専門的な知識や高度なスキルを求められることも多くなります。一方、地方では、かかりつけ医の役割を担ったり、地域医療への貢献に一役買うようなケースもあります。

■小児科医不足の理由は?

少子化が進むなか、小児科医が不足しているのはなぜでしょうか。最近では、緊急性がさほど高くない軽症の場合でも、子供を救急などに診察してもらう親御さんが増えているのです。小児科医は、乳幼児から15歳程度までを診察します。症例も内科から外科まで様々なので、幅広い知識やスキルが必要になります。

また、乳幼児は自分の症状を正確に伝えることができないので、1人あたりの診察に時間がかかりますし、子供だけではなく親御さんとも接さなくてはなりません。「大切な子供を診療してもらう」という理由から、医療訴訟が多い科目でもあります。また、勤務体制が確立していない施設も多く、深夜救急の対応や当直などに追われ、勤務状況と収入が見合わないケースも見受けられます。そのため、環境の改善を求めて転職をするドクターが多いのです。

■小児科医の転職のポイント

小児科医の求人数は非常に多いので、ある程度の知識と経験がある医師ならば、転職は比較的容易だといえるでしょう。しかし、施設によって労働環境や年収、勤務条件に大きなばらつきがあるので、安易な転職はミスマッチを招きかねません。医師求人サイトを活用し、新生児対応の有無、当直やオンコールの有無など、諸条件を事前に確認しておくことが重要です。希望に合った条件の求人が出た際は、スピーディーに動くことが転職成功の鍵となるでしょう。

最近では、現員医師の負担軽減のために勤務条件の見直しを図ったり、女性のワーキングシェアを積極的に導入し、人員確保への取り組みを実施している施設も増えています。元々、小児科は女性が多い診療科です。結婚や出産で離職した医師が復職しやすいような体制や環境が整っている施設や、非常勤、時短制度を利用した勤務体系ならば、女性にとっては比較的働きやすい科目といえるかもしれません。また、小・中規模の病院やクリニックでは、外来を中心に新規立ち上げや再開で募集がかかることもあるので、比較的軽い負担で働くことも可能です。

多忙をきわめることが多い小児科ではありますが、幅広い知識と技術を身につけることが可能であり、非常にやりがいのある診療科といえるでしょう。

>>トップページで医師求人サイトランキングの詳細を見る


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 医師求人サイトランキング【※医師求人探しなら必読のサイト!】 All Rights Reserved.