医師求人サイトランキング【※医師求人探しなら必読のサイト!】

医師求人サイトランキングTOP >> 診療科目別で医師求人を探す >> 眼科の医師求人

眼科の医師求人

■眼科医の求人動向は?

眼科は人気の高い診療科です。当直やオンコールが基本的にないため、他科と比べると時間的、身体的な負担が比較的少なく、ワークライフバランスが確保しやすいといえます。業務量や内容を考えると年収も決して低くはないため、転科を希望する医師も少なくはありません。

しかし、好条件であるがゆえに定着率も高く、眼科全体の求人数は減少傾向にあり、医師数がある程度充足した状態で落ち着いています。特にコンタクト関連の募集については、診療報酬の改定の影響で求人数がかなり減少しており、立地のよい都市部ではその傾向はより顕著です。さらに最近では、コンタクトの販売店舗に隣接した眼科でも、一般眼科診療のスキルや専門医取得医を求めるケースも増えており、眼科医としての経験が少ない医師にはハードルが高くなっています。

一般の病院でも状況はさほど変わらず、眼科の専門病院数自体が少ないため、募集がかかっても競争率は非常に高くなります。これから専門医取得を目指す医師や、転科希望の医師には厳しい状況かもしれません。専門医取得希望の場合は、症例を豊富に積むことができ、教育体制が充実している、ある程度大規模の医療施設を選ぶのが賢明でしょう。しかし、そのような施設の求人は当然応募者が多いので、転職活動は長期戦を覚悟しておいた方が賢明かもしれません。

求人が出た際は、スピーディーな応募とその後のフットワークの軽さが明暗を分けることもあります。特に在職中で忙しい医師の方は、希望求人の情報入手から応募、面接まで滞りなく進めるために、医師転職支援サービスを最大限に活用しましょう。人気の求人は非公開求人がほとんどですので、転職エージェントへの登録は必須です。

また、眼科専門の医療施設に入職する以外にも、日帰り手術などを行っているクリニックに勤務して症例数を積むという選択肢もあります。この場合も応募倍率は高いことが予想されますので、エージェントに相談してみるとよいでしょう。

■眼科専門医取得の経験者は即戦力として優遇

すでに専門医を取得し、症例数を積んだ医師であれば、幅広い医療施設からの需要があります。白内障や緑内障は高齢化にともない患者数が増加しているため、手術経験が豊富な医師は即戦力として重宝されます。近年では、糖尿病や脳神経・循環器疾患などの合併症で眼科治療を行うことが増えており、一般病院や脳神経外科などの専門病院からの募集も多くなっています。

また、PCや携帯電話などの電子機器の普及が眼に負担をかけていることから、眼科患者の増加と眼科医の需要は今後も高まることが予想されます。眼科領域においては、角膜や網膜の再生医療なども進んでおり、最先端の研究や治療に関わることができるのも眼科医の魅力のひとつといえるでしょう。しかし、勤務医の場合は、その病院に眼科医が1人という状況もありうるので、自身が重視するものが何なのか(症例数を積むことか、QOLの充実か、最先端の技術に関わりたいのか)を事前に明らかにしたうえで転職活動に臨みましょう。

年収については、他科とさほど大きな差はありませんが、勤務内容を考えると恵まれている診療科といえるかもしれません。ただし、転科医師や専門医未取得者は想定より低めの額を提示される可能性がありますので、転職支援サービスのコンサルタントに条件交渉を依頼するのも手段のひとつでしょう。若い医師や転科希望者にとっては、眼科は門戸が狭い診療科ですが、専門医を取得して症例数を積んだのちは、多岐にわたる場での活躍が見込めます。

>>トップページで医師求人サイトランキングの詳細を見る


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 医師求人サイトランキング【※医師求人探しなら必読のサイト!】 All Rights Reserved.