医師求人サイトランキング【※医師求人探しなら必読のサイト!】

医師求人サイトランキングTOP >> 診療科目別で医師求人を探す >> 麻酔科医の求人

麻酔科の医師求人

■麻酔科医の不足は徐々に緩和?

麻酔科医は、手術全般における麻酔の管理を行います。手術中は勿論、術前、術後の患者の全身管理が必要になるので、常に患者の状態に最新の注意を払わなくてはなりません。手術チームの一員として必要不可欠な存在であり、大変やりがいのある科目なのですが、オペにかかわる=ハードワークになりがちです。夜間の緊急手術対応やオンコール、当直がある場合も多く、労働環境の改善を求めて転職や転科する医師も少なくありません。

一時期は、麻酔科医の不足が大問題となり、常勤医師がほとんどおらず、非常勤や派遣、スポットでなんとか体制を維持している病院も存在しました。最近は状況はずいぶんと好転し、常勤医の定着率を高めるために、当直やオンコールの負担を軽くし労働環境の向上をはかる病院も増え、以前よりはワークライフバランスがとりやすくなったといえるでしょう。そのため、都市部の大規模な病院を中心に、徐々に人員は落ち着きつつあります。

とはいえ、まだまだ麻酔科医のニーズは高く、特に地方は人員が流動的で人材不足の状況が続いています。一定の経験があれば、相当の好条件の転職先に出会うことも可能で、普通はなかなか転職しにくい国公立病院や大学病院なども、常勤の麻酔科医ならば入職のチャンスがあります。

■多彩なステージで活躍できる麻酔科医

ニーズは高いものの、条件の良い求人には倍率が非常に高く、求人が出てもすぐに埋まってしまいます。労働環境も改善傾向にあるとはいえ、施設によって状況はまちまちです。また、ひとくちに「手術管理」といっても、整形外科や脳神経外科、心臓外科など、オペが特定の診療科に特化している可能性もあるので、これまでの経験や今後のキャリアパスに影響が出てきます。転職エージェントを最大限に活用して、施設の特徴や、当直の回数や病床数、麻酔科医の人数など労働環境の実情までしっかり聞いておくことが大切です。

また、麻酔科医は手術管理だけでなくICUや救急医療センターでの勤務、緩和医療としてペインクリニックでの募集もあります。しかし、ペインクリニックは手術管理と兼務のケースが多く、単体での募集はさほど多くありません。

麻酔科医は多彩な施設からの募集があるので、色々な職場を検討して視野を広げるのもよいでしょう。自分が進みたい方向性を明確にすれば、次のステージもおのずと決まります。迷った時はコンサルタントに相談してみましょう。自分では思いつかない施設や分野での求人を紹介してもらえるかもしれません。

麻酔科は、専門的な知識や経験が必要で、他科よりも特殊性が高いため、経験がなく他科からの転科希望の場合は若干ハードルが高めになることを覚悟しておきましょう。しかし、転職エージェントでは未経験の分野への挑戦も当然サポートしてくれます。転科希望の場合も、まずは一度相談してみることをおすすめします。専門医の取得を目指す場合は、取得までの期間の目安や、指導医がいるかを前もって確認しておきましょう。

>>トップページで医師求人サイトランキングの詳細を見る


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 医師求人サイトランキング【※医師求人探しなら必読のサイト!】 All Rights Reserved.