医師求人サイトランキング【※医師求人探しなら必読のサイト!】

医師求人サイトランキングTOP >> 条件別で医師求人を探す >> 院長・副院長・部長の医師求人

院長・副院長・部長の医師求人

十分なキャリアと経験を積んだベテラン医師が次のステップについて考えるとき、院長などの役職付の求人を望む場合もあるでしょう。現在の職場で昇進できれば問題ないかもしれませんが、ポストが空いていないこともあるでしょうし、公立病院などでは65歳の定年制度があります。定年後も医師のキャリアを活かして働いていきたい、あるいは開業医から勤務医に戻りたいが経験に見合ったポストにも就きたい、など様々な希望があると思います。

院長や副院長・部長などの管理職を募集する施設は少なからず存在します。院長募集の背景はとしては、新しい診療科の立ち上げにともなう部長クラスの募集、新設の病院やクリニックの院長職の募集、現在の院長の定年や退職、人事異動などでポストが空いたため、などのケースが想定されます。

医師免許がなければ病院内の役職には就任することができません。医師としての豊富なキャリアや実績、スキルはもちろんのこと、経営者としての視点と手腕、マネジメント力を兼ね備えた人材が求められるのです。必ずしもその病院内で年功序列で昇進できるというものでもなく、見合った人材がいなければ外部から呼ぶという手段が取られるわけです。

院長クラスの仕事というのは非常に多岐にわたり、責任も重く大変なものですが、臨床現場だけでは経験できないやりがい醍醐味を味わうことができます。経営者として病院組織全体の運営や監督、後進の育成、優秀な人材の確保、事業戦略や新たな医療体制の確立などにまでかかわるチャンスがあります。医師だけではなく、看護師、その他コメディカルすべての人員とコミュニケーションをとって、日々の業務が円滑に遂行されるように配慮することが求められます。さらに一医師として、診療やオペに携わることもあります。

経営業務と診療の比重は施設によって異なります。まだ現役医師として活躍しつつ経営にも携わりたいのか、マネジメントに極力注力したいのか、自分の希望をクリアにしておくことが重要です。それを踏まえて、医師専門の人材紹介会社から病院の情報や募集背景、業務内容などの情報を入手し、希望に合致する案件を探してもらいましょう。転職エージェントが抱える案件のうち、5割〜多いところでは8割ほどが求人サイトには掲載されていない非公開案件です。好条件・好待遇の院長や部長職の求人は多くが非公開です。管理職ともなれば病院側も採用に慎重になりますので、病院のホームページで募集をかけることは無いに等しく、医師を専門に扱う人材紹介会社などに依頼をします。そこに登録することで、一般市場には出回らないハイクラスな案件に出会うことができるのです。

医師の求人サイトでは、「院長・副院長・部長」に条件を絞って案件を検索できたり、エグゼクティブ・ハイクラス求人の特集を組んでいるものもあります。もし院長クラスの求人を探しているなら、そのようなサイトを運営している転職エージェントに登録するのが近道かもしれません。

>>トップページで医師求人サイトランキングの詳細を見る


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 医師求人サイトランキング【※医師求人探しなら必読のサイト!】 All Rights Reserved.